天神でおすすめの脱毛サロンランキング

施術可能部位の多さだけが魅力じゃない!

銀座カラー

全身22カ所の施術可能で、接客から脱毛の仕上がりまで高評価を得ている人気のサロン!オプションの『美肌潤美』は、ヒアルロン酸、コラーゲン、天然ハーブなどのミストシャワーでお肌を心地よく整えると評判!

キレイモ

モデルさんや芸能人の来店が多いことで有名!全身33カ所が施術可能で、お肌の引き締めを行う『スリムアップ脱毛』が人気!脱毛だけではなく、美しいボディラインも目指したい人におススメのサロンです!

シースリー

『生涯メンテナンス保証』があることで根強い人気!一度脱毛が完了して、時間が経ってからムダ毛が再発しても、いつでも納得いくまで無料で対応してくれるサロンはシースリーだけ!ムダ毛の再発が気になる人には、一押しのサロン!

ラットタット

予約の取りやすさに配慮した脱毛サロン。全身脱毛が44カ所から選べ、完全個室でプライバシーをしっかり守れると評判!カーテンで仕切っているだけの名ばかりの個室に不満を感じている人でも、ラットタットなら安心です!

ラヴォーグ

顔やVIOを含む55か所が対象の全身脱毛プランが話題!マイナビウーマンで『料金が本当に安い』『脱毛卒業までが早い』と感じるサロンNo.1に選ばれたことがある実力派!肌が美しくなると評判の『コラーゲン美肌脱毛』が人気!

 

脱毛部位が最も多いのは『ラヴォーグ』

全身脱毛の対象部位が最も多いのは5位のラヴォーグ

 

55か所はランキングの中でもNo.1!4位のラットタットも44カ所と対象部位が多いのが特徴です。

 

一方、1位の銀座カラーは22カ所、2位のキレイモは33カ所と、上位になるほど対象部位が少ないことに「なんで?」と疑問を感じる人もいるかもしれません。

 

確かに全身脱毛のコースでいえば、施術対象部位が多い方が、お得感はあります。まとめて脱毛が出来たほうがお得ですが、上位の銀座カラーやキレイモは、『対象部位の少なさをカバーできる魅力が他にもある』ということです。

 

単純に脱毛だけを期待している人にとっては、5位や4位のサロンの方が良く思えるかもしれませんが、やはり脱毛サロンは2、3年間通うことになるので、接客の質や仕上がりの美しさなど、部位の多さ以外にも重視すべき要素が沢山あります。

 

特に品質を求める人ほど、脱毛部位の多さだけで、サロンを決めません。

 

年齢が高くなればなるほど、サロンの居心地の良さなど、総合力を求めるようになりますので、必ずしも脱毛部位が多いサロンが一番良いサロンとは言えません。

 

ただし、手っ取り早く脱毛だけを重視する人にとっては、ラヴォーグやラットタットが1、2位に感じる可能性もあります。

 

施術できるか分れるのは『顔』や『指』

特に全身脱毛の場合、施術出来る部位というのは、非常に重要で、中でも『顔』と『指』の脱毛は、全身脱毛のコースに入っていないケースも多いので、よく話題に上がります。

 

 

 

基本的な脱毛を考えている人にとっては、顔や指の脱毛が対象になっていなくても、特に問題がないかもしれませんが、やはり全身をくまなく脱毛したいと思っている人にとっては、顔や指の脱毛が入っている方が良いと考えている人もいます。

 

特に指先は、人前に出す機会も多いので、ムダ毛があると恥ずかしいと言う人が増えています。男性からも、ネイルがキメキメなのに、指のムダ毛が残っていると、余計に目立って見えてしまうと言う意見も聞かれるだけに、全身脱毛で処理をしたいと思っている人も少なくありません。

 

指のような細かい場所のためだけに、追加で脱毛サロンに通うことになるのはやはり面倒です。

 

どうせだったら、全身脱毛で通っている時に一緒に処理してもらったほうが、やはり楽なので、指や顔の施術を考えている人は、全身脱毛を選ぶ時に、施術対象部位に含まれていることを確認することをおススメします。

 

仕上がりや接客も大事な決め手

全身脱毛をする場合、脱毛サロンに通う期間が長いため、施術部位数以外に重視したいのが脱毛の仕上がりや接客の質です。

 

 

 

脱毛サロンに途中で行かなくなってしまう人は、脱毛サロンのスタッフとの相性が悪く、通いにくくなってしまったという人がいたり、なかなか脱毛が完了せずに、時間ばかりかかってしまうなど、色々な不満を抱える人がいます。

 

そのため、「脱毛効果が本当に感じられるサロンなのか?」「仕上がりに満足しているのか?」「スタッフの接客は心地よいか?」という部分も大事になってくるのです。

 

スタッフの接客の質が高いサロンは、やはり居心地の良さにつながり、長い期間でも楽しく通えます

 

相性が悪かったり、一度接客で嫌な思いをしたスタッフがいると、やっぱり会いたくない気持ちが強くなってしまい、イヤイヤ通うことになってしまいます。

 

特に若いスタッフが多いサロンは、お友達感覚の接客で、言葉遣いや、接客の距離感が近すぎて、気になると言うケースもあります。

 

やはり社員教育がしっかりされているサロンの方が、長く付き合って行く上で、トラブルが少なく、快適に過ごせます。

 

全身脱毛の良し悪しは、接客の質とのバランスが大切になってきます。

脱毛サロンで採用されている光脱毛とは?

メラニン(黒色)を照射対象にした脱毛方法

脱毛サロンで採用されている光脱毛というのは、メラニンの黒色を照射対象として、脱毛効果を発揮します。

 

そのため、毛抜きなどで毛根からムダ毛を抜いてしまうと、脱毛器が反応しなくなってしまいます

 

脱毛サロンで光脱毛をしてもらう時には、毛根を残すためにシェーバーでムダ毛の自己処理をしておくことが大事です。

 

昔の脱毛サロンでは、ニードル脱毛という針を使って電気を流し、毛根を焼き切るという方法がありましたが、激痛で施術を断念する人が多かったため、最近の脱毛サロンでは痛みの少ない光脱毛が主流になっています。

 

光脱毛は痛みが少ないので万人受けしますが、ニードル脱毛に比べて、脱毛効果は低いため、数年の施術期間を要するところがネックです。

 

昔に比べて、痛みと料金が低くなった半面、通う期間は大幅に伸びているので、光脱毛はどっちかというと、時間に余裕がある人に向いている脱毛方法です。

 

逆に、忙しくてなかなか時間が取れない人は、光脱毛ではなかなか効果が現れないため、長時間かかってしまう脱毛サロンは向かない可能性があります。

 

日焼けが一番の大敵!

特に脱毛サロンでの大敵は、日焼けです。

 

日焼けのレベルにもよりますが、夏にしっかり日焼けをすると、脱毛器が毛根のメラニン色素と皮膚の区別ができなくなってしまい、本来の力を発揮できなくなってしまう可能性があるからです。

 

そのため、脱毛サロンからは、日焼けをしないように、契約の時などに口酸っぱく注意をされます。

 

特に夏場になってしまうと、嫌でも日焼けをしてしまうので、日焼け止めクリームの他に、衣類で工夫をする必要が出てきます。

 

特に日焼けしやすい体質の人は、夏場はUVカット効果がある衣類を選んだり、肌を露出しないようにしないと、簡単に焼けてしまいます。

 

また、年齢が上がるにつれて、一度日焼けしてしまうと、なかなか皮膚が元の肌色に戻らず、時間がかかってしまうため、美白コスメを使ったりして、早く日焼け跡を改善するようにしましょう。

 

自然に肌色に戻るのを待っているだけでは、なかなか日焼け跡は改善しません。

 

日焼けを早く戻すには、ビタミンCやハトムギを多く含んだ化粧水やサプリメントが効果があるのでおすすめです。

 

脱毛サロンと医療クリニックの違いは?

医療脱毛の方が1回の効果が高い!

脱毛を考えた時に、脱毛サロンにするか、医療クリニックにするか、悩む人は多いです。

 

脱毛サロンと医療クリニックの一番の違いは、1回の脱毛効果の高さです。

 

脱毛サロンと医療クリニックが採用している光脱毛もレーザー脱毛も、メラニン色素に反応して脱毛をする仕組みは一緒ですが、『パワーの違い』は歴然です。

 

簡単に言ってしまえば、脱毛サロンの脱毛器はおもちゃであり、医療クリニックの脱毛器は本格的な業務用。

 

医療クリニックで使用している脱毛器は、資格を持った医療従事者だけが使用できる医療用の脱毛器なので、脱毛サロンと比べてしまうと、1回で出力できるパワーが全く違うのです。

 

脱毛サロンも医療クリニックも脱毛器の仕組みは似ているのに、料金に大きな差があるのは、脱毛パワーの違いにあります。

 

頑固なムダ毛に悩んでいる人であれば、やはり脱毛の効果が高い、医療クリニックで施術をしたほうが良いと言われており、反対にムダ毛が薄い人であれば、脱毛サロンの施術で十分な効果を得られるので、脱毛サロンの方が向いているとも言われています。

 

医療脱毛の方が永久脱毛までへの期間が短い!

1回の施術効果が高い医療脱毛の方が、長い目で見た時にも、永久脱毛までの期間が短いというメリットがあります。

 

ただし、医療クリニックでの脱毛は、料金が高く、経済的な余裕がない人にとっては、なかなか手を出しにくい部分があります。

 

 

月額制度で、1万円以内で全身脱毛に通える脱毛サロンに対し、医療クリニックの場合は、月額制のコースが少なく、医療ローンを組むか、一括で支払いをしないといけないことも多く、金銭的なハードルが高いのがネックです。

 

脱毛サロンだったら気楽に通うこともできる学生も、医療クリニックでの脱毛となると、一気にハードルが高くなってしまいます。

 

学生のように時間があり、料金が手頃な方が良い人にとっては、やはり脱毛サロンの方が通いやすいです。

 

一方、金銭的に余裕があり、短期間での施術を希望している忙しい社会人などは、医療クリニックの方が良いケースもあります。

 

いくら料金が安くても、時間がない人の場合、脱毛サロンで通い続けるのは、負担が大きくなってしまいます

 

どっちにしても、永久脱毛を完了するまでには、長期間通うことになりますので、経済力と相談しつつ、どっちの方が通いやすいか、よく考えることが必要になります。

脱毛サロンでキャンセルするとどうなるの?

事前で変更できるサロンも!

脱毛サロンに通っていると、病気や急用などで、キャンセルをしたい時も出てきます。

 

そんな時、脱毛サロンの予約をキャンセルできるかどうかは、すごく気になる部分だと思います。

 

基本的には、脱毛サロンは事前に連絡を入れれば、ペナルティを課されずキャンセル可能なところが多いです。

 

ただし、脱毛サロンのキャンセルについては、お店によって全く対応が違うため、前日までに連絡をしないとペナルティを課すサロンもあれば、当日でも連絡をすればOKなサロンもあります。

 

最もキャンセルで気を付けないといけないのは、やはり『無断のドタキャン』です。

 

脱毛サロンでは、一人一人にサロンスタッフが付きっ切りになって施術をするため、予約状況に合わせて、人材を確保しないといけないという事情があります。

 

そのため、予約を当日キャンセルしたりすると、それだけ無駄な人件費がかかってしまうため、お店側にとっては、デメリットが大きく、あまり歓迎されません。

 

脱毛サロンと仲良く付き合っていくためには、やはりお店と良好の関係を築くことが大事なので、キャンセルは少ない方が理想的です。

 

当日だとキャンセル料金発生も!

脱毛サロンによっては、当日キャンセルの場合、連絡をしてもキャンセル料金を取るところもあります。

 

また、無断キャンセルの場合は、通常のキャンセル料金よりも高いお金を取られる可能性がありますので、必ず連絡をすることをおススメします。

 

 

脱毛サロンとは契約を交わしているのですから、やはり約束を守れない時には、事前に脱毛サロンに連絡や相談をするのが常識です。

 

自分で連絡や相談を取れないのであれば、脱毛サロンに通う資格はありません。

 

自分のキャンセルによって、多くの人に迷惑をかけるということを自覚しないといけません。

 

キャンセルをするにしても、やはり責任をもって、連絡することが必要なのです。

 

特に連絡や相談に慣れていない未成年の場合は、自分で連絡をすることが出来ずドタキャンをしてしまうこともあります。

 

そうなった時、真っ先に連絡が行くのは保護者なので、問題が大きくなってしまいます。

 

ただのドタキャンではなく、親にも連絡が行き、脱毛サロンとの関係も悪くなる可能性がありますので、気を付けないといけません。

 

普段からドタキャン癖がある人は、脱毛サロン通いでペナルティが続くと、金銭的にも厳しくなりますので注意が必要です。

脱毛サロンは飲酒しても大丈夫?

飲酒は基本NG

脱毛サロンでは、施術前後の飲酒を注意事項としているお店もあれば、禁止事項としているお店もあります。

 

どこのサロンでも、飲酒は基本NGとしており、禁止事項としているお店では、施術が受けられなくなってしまいます。

 

ただし、脱毛サロンによっては、飲酒を注意事項に留めているケースもあります。

 

禁止事項としているお店よりも、柔軟に対応しているため、カウンセリングを受けた時に、肌に状態や体調をチェックした結果、問題ないと判断されれば、飲酒でも施術を行ってもらえる可能性があります。

 

ただし、泥酔は言語道断で施術不可能になる可能性が高いです。

 

飲酒をしても施術が可能になる可能性があるのは、チョコレートボンボンをちょっと食べたとか、紅茶にブランデーをスプーン一杯程度入れたとか、本当に微々たる分量の摂取で、肌の状態がアルコールで赤く敏感になっていないことが確認されているような場合です。

 

施術前に飲み会でがっつり飲んでいる場合は、いくら体調が良くても、肌が赤くなっていたりすれば、当日の施術は厳しくなります。

 

飲酒に厳しい脱毛サロンでは、前日からの飲酒を禁止しているケースもありますので、施術前にはお酒を出来るだけ飲まないようにするのがエチケットです。

 

マナーとしても避けたい飲酒

飲酒で泥酔をすると、もう一つ問題になるのが、やはりサロンに到着したなり、嘔吐したり、介抱が必要になるケースです。

 

脱毛サロンのスタッフは、それぞれ脱毛サロンの業務を追われており、泥酔したお客さんを介抱している余裕はありません。

 

泥酔客は、脱毛サロンのスタッフが通常の業務をできなくなる営業妨害になりかねないのです。

 

泥酔をしているくらいであれば、連絡をしてキャンセルをすることをおススメします。

 

脱毛サロンで吐いたり、サロンスタッフに絡んだりすることで、周りのお客さんにも迷惑をかけることになれば、最悪の場合、契約解除の可能性もあります。

 

やはり脱毛サロンに通う時には、マナーとして、飲酒をしないことが大事です。

 

飲酒で泥酔をすれば、それだけ周りに迷惑をかけることになると自覚をしていないと、脱毛サロンとトラブルになりかねません。

 

一度脱毛サロンとトラブルを起こしてしまうと、それだけ通い続けることが嫌になってしまいます。

 

飲酒によって、脱毛サロンでの自分の立場を悪くすることになってしまいますので、施術前後にはサロンが注意を呼びかけている飲酒は避けるようにしましょう。

子供に脱毛を受けさせるのに良い年齢は?

早すぎると思春期の頃に復活も!

脱毛を子供にも受けさせたいと考えている保護者が増えています。

 

キッズ脱毛を扱っている脱毛サロンもあり、年々需要は高まっています。

 

しかし、子供の脱毛サロン通いは、早すぎるとある問題が出てきます。

 

それは『ムダ毛の再発』です。

 

子供は思春期の時にホルモンバランスが崩れてしまい、ムダ毛が濃くなったりすることがあります。

 

そのため、思春期前に脱毛をしてしまうと、思春期になってから、もう一度ムダ毛が再発して、脱毛サロンに通わないといけないパターンもあるのです。

 

キッズ脱毛は7歳くらいから施術可能になっていますが、実際に子供が脱毛可能になる時期と、子供にとって効率が良い脱毛時期というのは、必ずしも一致しません。

 

語学の勉強などは、早く始めれば始めるほど、耳が良いので、言語の修得が楽になると言いますが、脱毛の場合は、早く始めれば良いってものではありません。

 

やはり脱毛には、脱毛を開始するのに適した時期がありますので、何でもかんでも「子供のうちから早く」が良いわけではありません

 

子供の脱毛の時期に疑問を感じている人は、ドクターによるカウンセリングが可能になっている脱毛サロンで相談をしてみるのもおススメです。

 

 

思春期が過ぎてからの方がベスト!

基本的に、子供が脱毛サロンでの施術を始めるのに適したタイミングは、思春期を過ぎてからと言われています。

 

思春期をすぎないと、ホルモンバランスが悪く、ムダ毛の再発の可能性があります。

 

早くに脱毛サロンに通っても、また数年後に再発して、一から脱毛サロンに通うことになれば、金銭的にも時間的にも無駄になってしまいます。

 

ムダ毛の再発は、大人の場合でも、脱毛完了後に数年で一定数が確認されており、脱毛サロンで施術が完了したからと言って、2度とムダ毛が再発しないという保証はないのです。

 

脱毛サロンに長く通えば通うほど、金銭的な負担も大きくなりますので、やはり短期間で脱毛を完了させる方がメリットが大きいです。

 

キッズ脱毛だと、大人になってからもう一回脱毛をすることになる可能性がありますので、早くから施術をしたほうが効果があると思っている人は、後になってから後悔をする可能性がありますので、キッズ脱毛の開始時期については、もう一度よく検討してみることをおススメします。

 

キッズ脱毛は、本人がよほど深刻な悩みを抱えている場合には、良い解決方法になりますが、脱毛効果の持続性という意味では、思春期を過ぎてからの施術の方が理想的です。

脱毛を始めるのに良いタイミングは?

夏デビューを目指すのであれば秋冬から準備を!

脱毛サロンに通い始めるタイミングで悩む人は多いですよね。

 

もしも、水着を着るチャンスが多くなる夏デビューに向けて用意をしたいのであれば、秋冬からの脱毛サロン通いをおススメします。

 

 

夏デビューをするのであれば、夏になる前に、5、6回の施術を受けておくことが望ましいです。

 

脱毛サロンに1、2回通ったくらいでは、ムダ毛は数週間で簡単に再発してしまうので、結局自分での自己処理の回数が多くなってしまいます。

 

10月くらいから2カ月に1回のペースで通い始めれば、5回くらいの施術は受けられるので、夏本番までにかなりの脱毛効果を感じられるようになっています。

 

夏本番前から、急に通い始めても、すぐにムダ毛が生えてきて、夏の間中、ずっと自己処理になってしまいますので、脱毛サロンの効果を感じられません。

 

夏デビューを目指す人は、デキれば秋から通い始めることをおススメします。

 

秋や冬場は、紫外線の量も少なくなってきますので、日焼け対策もしやすく、非常に通いやすい時期です。

 

秋から始めても、3カ月に1度のペースでは、夏デビューまでに2、3回しか通えないため、どうしても夏場に標準を合わせたいのであれば、やはり2カ月に1度のハイペースで進める方がおススメです。

 

春は日差しが強いので日焼けに注意

脱毛サロンを開始する時期で、気を付けないといけないのは、『春』の時期です。

 

紫外線が強いですし、新学期や新年度の始まりに合わせて、脱毛サロンに入会する人が増える時期なので、予約も取りにくいです。

 

紫外線の強さを回避するために、日焼け止めクリームは欠かせません。

 

顔やうなじを日焼けしないように、つばの大きな帽子をかぶるのも重要です。

 

女性はアップの髪形にしていると、知らない間にうなじが日焼けをしてしまうので、気を付けましょう。

 

特に施術対象の部位は、日焼けをしないように、ちゃんと守る必要があります。

 

春から気分一新で、脱毛サロンに通う人は毎年多いので、繁忙期の時期を避けて、ゆったり通えるプランを組むという意味でも、やはり秋冬からの開始をおススメします。

 

また、春は紫外線が多く、昼間に歩くと日焼けをしやすい体質の人は日焼け止めクリームを塗っても、焼けてしまうこともあるので、出来るだけ昼間に外出しないように、脱毛サロンの予約時間を夜にするなど工夫しても良いです。

 

夜なら紫外線の量を気にしないで済みますので、日焼けしやすい体質の人は、夜の時間帯の施術も検討してみましょう。

もしも脱毛サロンで痛みを感じたら?

出力数を下げてもらうことは可能

脱毛の痛みを気にしている人にとって、一番気になるのが、「痛かった場合の対処法」だと思います。

 

多くの脱毛サロンでは、痛みを感じて、施術をするのが厳しいと感じた場合、『脱毛器の出力を下げる』というのが一般的な方法です。

 

ただし、出力を下げるということは、『脱毛効果を低下させること』につながります。

 

そのため、痛みによって出力を下げれば下げるほど、デメリットの方が強くなるのです。

 

痛みはなくなるけど、脱毛効果が低くなってしまうので、出力を下げる時には、スタッフさんとよく相談をする必要があります。

 

脱毛効果が下がれば、それだけ通う回数も増える可能性もあるので、長期的に見た時には損になってしまいます。

 

ただでさえ、永久脱毛までには2、3年程度かかると言われているのですから、出力を減らして脱毛効果を低くすれば、それ以上の時間がかかる可能性があります。

 

時間もお金も十分に余裕がある人であれば、そうした脱毛方法もアリですが、時間とお金を有効活用したいと考えているのであれば、出力を下げるという判断は賢明ではありません。

 

それでも、1回の施術で40分〜60分程度の我慢が必要になるので、痛みが大きすぎれば、我慢するのも苦痛になりますので、痛みと出力のバランスは非常に大事なポイントです。

 

生理前後は肌が敏感になり痛みを感じやすい時期

特に女性が痛みを感じやすいのは、やはり生理の前後です。

 

ホルモンバランスが崩れてしまい、肌が敏感肌に傾く人も多いので、いつもは痛みを感じていない人でも、生理前後だけは痛くて出力を落としてもらわないと、施術を続行できないという人もいます。

 

 

生理前後の場合だけ、出力を下げないといけない人は、キャンセル料金がかからないサロンに通っているのであれば、お休みをしてしまうのも一つの手段です。

 

やはり、ちゃんとした出力で施術してもらったほうが、脱毛の効率も良いですし、生理の体調不良を押してまで脱毛サロンに通うのは正直面倒な部分もあります。

 

毎回毎回、当日キャンセルではサロンにも迷惑をかけるので良くないですが、やはりたまに生理に当たってしまった時には、肌が敏感になっていたり、荒れやすい状況になっていると感じたら、ちゃんと連絡を入れて、お休みをして、次回の予約を取っておくことをおススメします。

 

脱毛サロンは、体調を崩してまで、無理に予約の約束を守る必要はありません。

 

キャンセル料金がかからないのであれば、やはり体調を優先して、次回に万全の状態で挑む方がおススメです。

妊娠中は脱毛サロンに通っていいの?

多くのサロンが『妊婦はNG』

脱毛サロンでは妊婦の施術は基本NGです。

 

妊娠によって体調を不良を感じやすかったり、ホルモンバランスが崩れてしまい、ムダ毛の濃さや多さが変化してくるため、脱毛の効率が悪くなるからです。

 

妊婦は体質の変化が激しい人も多く、肌質が敏感肌になったり、ムダ毛が濃くなったり、様々な変化があります。

 

これまで脱毛サロンの施術で痛みを感じたことがなかった人が、突然敏感肌になって、痛みを強く感じるようになってしまい、出力を下げないと、施術を続けられなくなってしまうケースもあります。

 

出力を下げるということは、それだけ脱毛効果を落とすということになりますので、脱毛器本来の効果を発揮することが出来なくなってしまいます

 

そのため、痛みが強い場合は、出力を下げて対応してくれますが、それは本人にとっては、脱毛効果が薄くなるだけで、メリットがあまりありません。

 

だからこそ、基本的な出力で施術ができる程度の体調に整えることが、実はすごく大事なのです。

 

妊娠中は、無理をしないで、やはり脱毛サロンをお休みすることが大事です。

 

無理をしても、体調が悪くなるだけです。

 

授乳中もNG!

また、脱毛サロンでは授乳中もホルモンバランスを崩しやすいため施術を禁止としています。

 

妊娠中と授乳中は、やはり体質が変わりやすく、ムダ毛も例外ではありません。

 

妊娠中に異常に毛深くなる人もいますので、授乳が落ち着きホルモンバランスが安定してくるまで施術を控えましょう。

 

そのため、脱毛サロンに通っている人は、出来るだけ脱毛が完了するまでの間、妊娠をしないように、スケジュールを立てることがとても大事です!

 

妊娠や授乳期間を含めると、約2年もの間、脱毛サロンでの施術が出来なくなる可能性があります。

 

脱毛サロンを途中から再開するにしても、やはり2年間のブランクがあると、ムダ毛が再発して、また一から通い直すことになる可能性があります。

 

脱毛サロンでの施術は、2〜3年程度の期間が必要になりますので、出来るだけ効率的に脱毛をしたいと思うのであれば、脱毛完了するまでの期間、ちゃんと避妊をして妊娠をしないように気を付ける必要があります。

 

一度妊娠が発覚すれば、授乳後までの数年間、脱毛サロンを利用できなくなりますので、脱毛完了までの期間が、更に伸びてしまうことになります。